エントリーする
- AJIS GROUP RECRUITING -

インタビュー

Interview

トップ | インタビュー |
トップ | インタビュー |

スペシャリスト

スペシャリスト 株式会社エイジス 大型店クルーイング担当 嘱託社員歴10年目 小竹 修一さん
嘱託社員歴10年目 小竹 修一さん

挑戦を後押ししてくれるエイジス。仕事に鍛えられ、自らも大きく成長

学生アルバイトから、そのままエイジスの嘱託社員へ。望めば、さまざまな業務を経験でき、成長できるエイジスという環境。学生時代にその可能性に触れた小竹さんは、今、作業計画の精度で全国 1 位を獲得するなど確かな実績をあげている。

アルバイトで触れた、仕事の奥深さと面白さ

エイジスグループで働きは始めたのは、大学3年の時。棚卸しのアルバイトでした。人と接する仕事より、一人で黙々と集中してできる仕事の方がいい、というのが選んだ理由。とにかく短期間で、しっかり稼ぎたいと思っていました。それから約12年。多くのクルーとコミュニケーションをとりながら勤務シフトを管理する仕事(クルーイング業務)を任されたり、大型店のオフィス業務に取り組んだり、大学生の頃は、そんな自分の姿を想像すらできませんでした。大きな転機となったのが、SV(スーパーバイザー)だった当時の上司の仕事ぶりを見たこと。プロとして仕事をすることの面白さや奥深さに触れることができたからです。自分もSVのようなポジションに就きたい。就職を考える頃には、それが目標の一つになっていました。

仕事に鍛えられ、仕事に対する姿勢も変化

大学を卒業すると、そのまま高崎D.O.の嘱託社員へ。自分にとっては自然な選択でした。入社後、SVになるという目標を達成。棚卸しの現場でしっかりと経験を積み、その後、大型店のクルーイング業務を担当。今は大型店を担当するオフィス業務に従事しています。一人ひとりの適性や時機を見て、新しい仕事にチャレンジさせてくれる。エイジスには、モチベーションを駆り立ててくれる新しい仕事をタイミングよく与えてくれる風土があるように思います。人とのコミュニケーションが苦手だと思っていた自分が、今、こうしたポジションで働いているのは、多くのお客様と接する仕事を通して鍛えられ、成長することができたおかげです。大学生の頃にイメージしていた、仕事の奥深さや面白さも少しずつわかりかけてきました。

これからも挑み、成長し続けたい

仕事を通して成長できる、新しいやりがいとも出会える。気心が知れた仲間や目標とする先輩もいる。だから仕事を辞めようと思ったことはありません。新しい仕事にチャレンジし、これからも仕事によって成長し続けたいと望んでいます。でも、道は一つではないと思います。現場で棚卸しのプロフェッショナルになるという道もあります。成長には、いろいろな指標がある。目指す道も人それぞれ。私自身、現場に出る機会が少なくなったので、改めてもう一度現場で力を試してみたい。また、エイジスグループが進めているリテイルサポートサービスを、ここ高崎D.O.でもチャレンジしてみたいという気持ちもあります。そんな将来を思い描きながら、嘱託社員から契約社員へステップアップを目指しています。

※「嘱託社員」について

エイジスグループでは、アルバイトを含め正社員に次ぐ雇用形態の全てを「嘱託社員」と呼称しています。
その内訳は、一般的なアルバイトやパートタイムから、正社員に次ぐ立場のものまで様々です。
まずは気軽に始めてみたいという方々、大きな責任の下、長く働くための環境・待遇を希望される方、皆さんのご希望に合わせ、最適な提案をしています。
当ホームページの中では、便宜上「嘱託社員」との言葉を共通の表記として利用しています。
また、エイジスグループ内の各社で準備している雇用形態がが異なることがあります。詳細は面談時、ご案内させて頂きます。

page top